2018-04-29

Drôles d'oiseaux|静かなふたり

先日バタバタとしていて色んなことを後回しに...でも、これは後回しに出来ないと
仕事を早めに切り上げ映画館へ...
原題が『Drôles d'oiseaux』直訳すると奇妙な鳥たち。でも邦題は"静かなふたり"でした。
どうして?と思うタイトルも沢山あるけど、これは良かったな。
主人公 マヴィはロシュフォールからパリへ越して来たけどパリに馴染めない少し風変わりで
不器用な女性を演じていた。
演じるロリータ・シャマは透明感あり、マヴィそのもので、時折みせる表情が母親の
イザベル・ユペールにそっくりで何度もドキッとした。
ちょっとシュールで、おとぎ話のようでもあり、それでもパリの街はリアルで...
話しがどこへいくのか全く想像も出来ないまま終わった。
でも、決してつまらなかったとかでは無くなんだか昔のフランス映画を観たかのような
私の頭の中ではこの二人がどうなったとか色々妄想しまだストーリーは続いている。。。
Drôles d'oiseaux|静かなふたり